読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BSプレミアム 獄門島について

11月19日、BSプレミアムで「獄門島」の新作ドラマが放送されました。横溝ファン、金田一耕助ファンである私も当然楽しみにしており、リアルタイムで鑑賞。

感想としては、とにかく面白かった~!ってな感じです。2時間だけどCMがない分みっちり話が入っているし、突然切られることもない。演者もなかなか豪華だし、きちんと原作に沿っているストーリー展開もいい。

実は原作読んだのしばらく前なので、詳細は忘れているんだよね。でも違和感ないし、何よりあのセリフをきちんと言っていたのがよかった。どうしても獄門島を象徴する台詞だからね。

 

映像の金田一耕助というと、今でもどうしても石坂浩二版や古谷一行版が有名すぎて、実際今回の長谷川博己版もいろいろ比べられていた。

個人的な感想は、全然問題ないじゃない!と思うのだが比べる人の気持ちも当然わかります。だって両方とも今見てもおもしろすぎるんだもん。特に鬼頭早苗を演じる大原麗子さん、奇麗すぎて金田一でなくても一緒に行こうと言うな、こりゃ。

あと、女優さんの名前がわからなかったけど宿の娘さんもすごい可愛い。明るいしちょっと金田一に好意を持ってる感じも出てて、何気にヒロイン感満載。

 

でも、今回の長谷川版もそれに負けないくらい良いキャスティングで、しかも丁寧に撮影したのがわかる映像。最後の和尚との対決(と言っていいのか)は、凄いよかった。

推理を披露する場面での金田一の発狂ぶりがかなり話題になっていたけど、前半であった「人が人を殺す理由を知りたい」というのと、復員直後というのが重なって、むしろいい演出だったと思う。原作でも結構興奮する描写が多いし、獄門島金田一耕助は若いのだからあの位元気があってもいいよね。

・・・まあ、「無駄無駄ラッシュ」にはちょっとびっくりしたけどね。

 

そして何より最後の電報。

「アクマガキタリテフエヲフク」の文字が!

当然獄門島の反響次第ではあると思うけど、ぜひやってほしい。というかやるのがすでに義務ですよ!このクオリティで作られる長谷川版金田一をもっと見たい!

 

その上24日からほとんど映像化されていない短編である「百日紅の下にて」「黒蘭姫」「殺人鬼」の3本を映像化と!

なにこの金田一押し。うれしいじゃないの!

 

それにしても今回、既に発表されてから相当経つのにこんなに横溝ファン、金田一ファンがいるとは嬉しい限りです。これを機に読み始める人も増えればいいな。