読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上原ひろみライブ!

11/27、新潟県民会館上原ひろみ the trio project のライブを鑑賞してきました。

実は、新潟市に行くのは初めて。本当は少しはゆっくりしたかったけどその前の用事が長引いて、結局遅れてしまい最初の2曲聞けなかった…

 

しかし演奏を聴くと、もうこの場にいられる幸せを本当に感じていた。

パワフルなので聞く方にも体力がいる、とよく言われるそうだけど、私は真逆で

兎に角落ち着く。極端に言えばあの曲の中熟睡できるくらい体に音が沁みていく。

世界中の人が何度も言っているけど、これほど楽しそうにピアノを弾く人がほかにいるんだろうか?と毎回思う。

たぶん他のミュージシャンもそうなんだろうけど、楽器で会話をしているっていうのがぴったりだろう。特に今回はトリオなので三人で会話しているのがはっきりとわかる。

そして毎回即興で演奏していくのだから、可能ならばせめて国内でのツアーはすべて聞きたいと思う。時間と資金の関係で無理だけどね。

 

実は今年のツアー、メンバーであるサイモンとアンソニーが体調不良でいろいろ変更になっている。

まあ、幸いキャンセルはなく数多くのヘルプしたアーティストやソロに変更したりしてすべてのステージをこなしているのだけど、それはスタッフの努力も大きいんだろうな、と思ったら違っていました。

詳しいことはパンフレットに書いてあるんだけど、上原ひろみ本人がいろんなアーティストに声をかけて手伝ってもらった、という。

ぶっちゃけて言えばキャンセルしても仕方ない、という状況でもある。何せ今年の演奏はトリオの新アルバムのツアー。当然三人一緒の演奏が前提でした。

それが二人の体調不良だもん。あきらめるという選択肢もありうる中、そんなことは微塵も考えなかったらしい。

考えたのは、どうやって演奏をしていくか。

ヘルプを頼むにも当然みんなスケジュールもあるし、練習も必要だ。

しかも彼女の曲はまた難易度も高い。

でも、多くのミュージシャンが快く演奏してくれた。中には連絡を受けてから1日たたないうちにステージに立った人もいるとか。そんな状況でもみんな「友達が困っているから助けたい」と演奏して、終わったら「本当に楽しかった。またやろう!」と。

なんかみんな、仕事なんだろうけど違うんだろうな。困っている友達を助けて、一緒に遊んでいくみたいな。

それは彼女がいつも真剣に演奏しており、魅力があるから助けるというよりも一緒に演奏できるチャンスを逃したくない、という気持ちなんだろう。

 

なんだかんだで実は彼女のライブ、3年連続で聞くことが出来ました。

何とか来年も聞けるようにしよう!