読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年の始まり。そして最初にやったこと。

すっかり年も明けてしばらくして、ようやくお正月気分も抜けました。それにしてもまた今年も雪が少なくて雪かきをしていない。。。運動不足になりそう。最早雪国ではないのかなあ?

 

さて、2017年を迎えてやらなければならないことがいくつかあるわけで。その中の一つが「生命保険の解約」です。

すべて解約したわけでは無いんだけどね。解約した理由は単純で、支払いが厳しいからです。いやそんなに高額の保険に入っていたわけじゃないよ。たぶん普通の額だと思う。でも最早厳しい。

 

入る時は一応給料がある程度上がっていく事を前提にしててあまり深く考えていなかったんだけど、去年の春頃から何かおかしい?と思い始めてよくよく調べてみたらここ数年給料が上がらずに税金だけ上がっていました。そうなると何が起きるか?

そう、手取りが減るんです。気づかないようにじわじわと。

一応正社員でもう12、3年ちゃんと務めてます。一昨年から営業部に異動してそれなりになってますよ。

一般的には営業部と言うと花形で、会社の顔らしいのだがうちの会社は全く逆。会社の中では一番異動したくない部署で、しかも持ってきた仕事に対して他部署がとにかく協力しない、と言うか敵意をむき出しにするという会社です。

そんな会社なので営業に異動した恩恵があるわけじゃなく、安月給で責任だけ重大になっているという訳が分からない状況に。

そして溜まるのはストレスだけ…なんだこれは。

 

まあ、それはさておきどうもお金が無いな?と思ったわけです。で、気が付いたら愕然とした。

生命保険は将来のいざというときの為に備えるものではあるけど、いざというときの為に今の生活が成り立たないのはどうだろう?となった訳。

それにしても40歳を超えてまさか保険代が払えなくて辞めるとは思わなかったけどね。

 

でもこの問題ってもしかして今からどんどん顕著化していくのかも。

うちの会社の新入社員も恐らくこのままでは給料が上がらないだろう。そうすると生命保険って入らないんじゃないの?

だって健康なうちは考えないし、そもそもいつ使うことになるかわからない。それに果たして月1万とか払うのか?と考えてしまう。

それにそもそも子供が減っている。と言う事は必然的に顧客が減ってしまうことを意味する。

そうなると保険代もどんどん上がらざるを得ない、か保険の支払額が減るか。

ますます入りづらい状況になってしまうなあ。

 

年始のあいさつで「頑張った分だけ給料が上がるようにしたい」と言った偉い人がいたけど、この言葉の「頑張った」って、残業を多くするってことでしょうか?そもそもその考えを直さないと絶対豊かにならないよね。

 

まあ、この歳になって贅沢するわけでもないのにお金がないっていうのは本当に情けないけどね。