読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画レビューでも~レゴ(R)バットマン ザ ムービー

ようやく見てきました。レゴバットマン。DCワールドのみならずアメコミ界の超有名人ですが年2014年の映画「レゴ(R)ざ ムービー」で登場し、そして今回はメインキャラクターとして映画化です。もともとはどシリアスな設定のバットマンを、レゴワールドで映画化するとどうなるのか…?と心配もありました。

 

が、結論から言うとそれは全くの杞憂。完全にちゃんとしたバットマンの映画でした。むしろ今までのバットマンの中で一番わかりやすいんじゃないかなあ?と言う位。

 

レゴとはいえ、ゴッザムシティが舞台は当然として特筆すべきは各キャラクターの設定がポップでキュートになっていながら決してズレていないという点でしょう。ここがきちんとポイントを押さえている為に好評なのは納得です。

 

まずバットマン。もちろん大金持ちのブルース・ウェインがその正体です幼いころに両親を殺されたことから家族や仲間を求めながらなぜか拒絶する姿は実写でもレゴでも同じです。そしてそれが実は最大のライバルのジョーカーにも向かいます。予告でもありましたが、「お前は特別じゃない」と言う姿は実はさらに孤独さを深めているような。

しかもそれを指摘されると、まるで駄々っ子のように否定するんです。とにかく皆から注目を集めたいんです。

実はバットマン自体も、個人で悪党と「暴力を」使って戦っているため、法に触れている存在なのです。そのバットマンの存在意義を、なんとジョーカーが見事に指摘しています。

 

そのジョーカーですが、今までの実写映画ではもう「狂気」が前面に押し出されているのが印象的でした。それがレゴの世界にきてどうなるのか・・・

確かに狂気と言えば狂気。無秩序に見えて非常に緻密な犯罪を犯す点は同じですが、今作ではバットマンにライバル認定されず、泣き出すガラスのハートの持ち主。何とかバットマンにライバルと認めさせようととんでもない犯罪を考えるという、繊細なので大丈夫なのか?実はこれ、コミックでも似たような感じなんです。

バットマンジョーカーは表裏一体の存在で、ジョーカーはバットマンを自分と同じく「狂人」と呼んでいるのです。当然バットマンはそれを否定しますが、犯罪と戦うことでしか自己表現できないバットマンは狂人と呼ばれても仕方ないのかもしれません。

 

レゴバットマンはこの二人の関係を非常にわかりやすく描いていて、しかも面白いのが特徴です。バットマンは自己のアイデンティティを求めながら認めない、それを一番わかっているのがジョーカーだというポイントをきっちり抑えています。

 

そして相棒のロビンやアルフレッド、ゴッザム警察の所長であるバーバラなどの脇役も見事に存在を示しています。ロビンは相棒になりたての頃の元気先行な感じがよく出ていて、アルフレッドはブルース・ウェインに対等に接している。そしてバーバラはまさに才色兼備。自ら率先して犯罪に立ち向かうたくましい女性です。彼らのおかげでバットマンは成長できるというのが素晴らしい。

 

と言ってもそこはレゴ。シリアスになりすぎないように非常にバランスが良いつくりになっています。バットマンがレゴビルダーでもあり即座にクールな乗り物を作ったり、

何より最後の解決方法は、まさにレゴワールドならでは。これで解決したのか~!と納得してしまう作りです。

 

アメコミ映画好きにはもちろん、今までヒーロー映画はちょっと…と敬遠していた人にもぜひ見てほしい一本です。子供が見ても絶対楽しめるので、家族で鑑賞してもいいと思います。

私は一人で見に行きましたが・・・だれか行ってくれればうれしいな~