読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐プロレスが面白すぎてたまらない!

いや本当。もう毎週楽しみで。

知っての通りAKBグループのメンバーが出演しているプロレスが舞台のドラマ。始まる前はかなりの賛否両論があって、「アイドルがプロレス?」「誰でもできると思われる」など、特にプロレスファンからこんな声が。

実際私も最初はそういう考えもあったんだけど、知名度の高いAKBグループがプロレスを題材にしてくれるという事が嬉しかったりもした。

だってプロレス人気が高まっているからわざわざAKBが題材に選んだわけだし、むしろここをチャンスとしてもっとプロレスがメジャーになればいいじゃないかと。

ぶっちゃけプロレスシーンはそれなりであればいいかな…?などと思ったんだけど、そこはコーチがあのミラノコレクションA・Tさんと下田美馬さん。プロレスを知らないメンバーの特性を見極め、きちんと仕上げてきてた。

 

メインはもちろん、脇を固めるメンバーもちゃんとプロレスになっているのが本当にすごい。ここまでプロレスを真正面からとらえ、答えたドラマは初めてじゃないの?と思った(アステカイザーは別だなあ)。

 

トーリー展開や、各人のキャラクターに今まで日本が積み上げてきたプロレスの歴史が透けて見えるのも素晴らしいよ。プロレスファンなら例えば主人公のチェリー宮脇のファイトスタイルが三沢光春さんだという事もわかるし、ハリウッドJURINAはオカダ・カズチカの雰囲気ととケニー・オメガの闘魂、そして棚橋弘至のファイトスタイルを融合させた感じ。この二人が全日本系譜と今の新日本の対比となっているのがまた面白いなあ。

 

現在空位となった王座決定戦トーナメント「OVER THE TOP」の一回戦が終わり二回線が始まったのですが、ハリウッドJURINAが破れ歯医者復活に回るとか波乱の展開がまたいい。

でも個人的に1回戦でのNo1は、ユンボ島田とクイウチ松村の工事現場同盟同士の戦い。

ヒールであるがゆえにファンから嫌われるのは極悪同盟からだろうし。記者会見の時に乱入してくる下りは伝説の「コラコラ問答」だし、ヒールのクリーンファイトで声援が送られるのは、ブル中野アジャコングの対戦へのオマージュ!もう盛りだくさん。

しかもフィニッシュホールドがジャパニーズオーシャンスープレックスホールドというまさかの超大技!先日引退を表明した飛翔天女、豊田真奈美さんへのエールのようで、本当に良かった。

残念なのはユンボ島田こと島田晴香が、7月にAKB卒業と同時に芸能界引退を表明している事。こりゃ続編はどうするんだ⁉と、完結する前に心配してしまうほど入れ込んでおります。

 

今後の展開もすごく楽しみだ。プロレスを盛り上げてくれてありがとうと素直に言いたいです。