趣味がマニアックなのかもしれないという実感

趣味は色々あるが、世間から見た場合、どちらかと言うとマイナーに入る(入ってた)ものが好きになる傾向があるようだ。

 

子供のころ、まず最初に好きになったのは、アニメだ。

当時は夕方16時~18時にアニメをやっていた時代なので、学校から帰ってきたらずっと見ていた。声優にも興味を持ち、いろいろ調べてはどのキャラとこのキャラが同じ人が演じているのか!とびっくりしたりしてた。

 

当然ゲームは好きになり、やりすぎて取り上げられるという事も経験した。

探し出して親がいない時にこっそりやる背徳感を経験したのもこのころで。

 

その後友人に教えられ、プロレスを見始め、そこから人生を学んでいる。橋本真也が好きで、亡くなったときのショックは未だに覚えてる。

 

カプコンからX-MEN対戦格闘ゲームがでたと同時に小学館からアメコミ(X-MEN)の翻訳が本格的に始まり、興味をもって買ってみたらどハマりし、そこから現在に至るまでもうどの位の金額をつぎ込んだかわからない状況に。もう置き場がありません。

 

今あげたものは、現在では結構メジャーになっていると思う。

アニメはクールジャパンの象徴として上げられるし、ゲームはeスポーツとして確立しつつある。プロレスはじわじわと広まり、テレビでレスラーを見ることも多くなった。アメコミも一時沈んだけど、映画のヒットでメジャーになり現在では買いきれないほど翻訳本が出ている(アイアンマンが映画のおかげで一気にメジャーキャラになったのって知られているのかな?)

これらはとても嬉しい。だって色々な情報や本が、手軽に入手できるようになったのだから。

 

しかし。

趣味の中で一つ廃れていっているものがあるのだ。

20歳のころからバイクに乗っているのだが、バイカー人口が減っているのは報道されていたけど、本当の影響は「オフロードバイクの人口(車種も)が激減している」事なのだ。

いわゆる4大メーカー(ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ)からも、最早純粋なオフロード用のバイクは片手で数えられるくらいしか出ておらず(そもそもスズキとカワサキからは公道用は出ていない)、海外メーカーの車種を選んだ方が良いくらい。

そりゃスピードは出せないし(100キロ以上だと風圧がつらいし)、未舗装路は少ないし、走ったら汚れるしであまりいいところはなさそうに見えるけど、利点もある。

 

車体が軽くて取り回しは楽だし、公道ではそれほどスピード出さないだろうから影響は少ない。それに整備費もあまりかからず、自分でできる範囲も広い。

何より転んだ時に壊れにくいし、傷がついても気にならない(林道で転んで傷ついても笑って済ませられる)。車体が軽いから燃費もいい。

足つきが…としり込みする人も多いけど、最近は最初からローダウン仕様があったりするので、こちらを選べば安心。

 

当然気を付けないといけないが、渋滞を気にせず移動できるのはバイクの大きな魅力の一つだと思う。路上駐車に厳しいところは多いが、施設であれば簡単に駐車もできる。

移動手段としては非常に優れているはずなのだが…

 

最近ようやく「3ない運動」が廃止されつつある。これを機会でもないんだけど、少しでもバイクに興味を持ってくれると嬉しいなあ。

転ぶのが心配と言う方には、ヤマハからトリシティと言う3輪バイクも出てますよ~


YAMAHA トリシティ155とトリシティ125を試乗比較!byYSP横浜戸塚

 

 

 

進化論は生物だけのものじゃ無い

何でも最近株価がだいぶ上がっているらしい。

つまり、景気が良くなっているということなのだが、残念ながら私はその恩恵に預かってません。というか、私の住んでいる地域はただでさえ最低賃金ギリギリの時給のところが多いので、景気が上向いているという感じは全くしない。

 

前提として

株価が上がっている=好景気

と思ってしまうが、おそらくもうそんな時代では無いのかもしれない。

ここ最近よく言われる、「8人の大富豪の資産総計が世界の半分を占めている」という事から考えれば、

株価があがる=富豪が儲かっている

という事なのだろう。

生活に関係する企業が絞られてきた現在、全ての企業が好景気になることはありえない。

GAFAと言われる、超巨大企業が支配している世界では、ちょっとやそっとの企業では淘汰され、将来性のある企業は買収される。

そして第四の産業革命と言われる現代、日本企業は次第に世界からとり残され、淘汰されていっている。

既に中国の下請けのような仕事をしている会社もある。(そもそも市場規模が10倍以上なので、日用品なら余計恩恵ありそう)

 

AIやロボットが進化していく今、これまでの仕事のやり方では当然遅れていくだけなのだけど、どうも古い人はそれがわからないようで非常に困る。

そして残念ながらその年代が会社の実験を握っているのだ。こりゃ何言っても聞きやしない。

話をすると、考え方が10〜20年前から変わっていないことがよくわかる。こちらが驚いてしまうほどだ。

 

日本の企業で、生き延びる企業は必ずあるが、滅びる所も多く出てくる。変化に追随しないものが滅びるのは、生物でも企業でも同じことなのだ。

平成も終わるので、平成の怪物の話を

ダ・ヴィンチで俳優 安田顕の特集をしていました。しっかりしたインタビューがあり、読
み応えのある記事でした。
今や屈指の俳優となったヤスケン、昔からのファンでも、まさかここまで存在感のある俳優
になると思っていた方は流石に少ないのでは?
ヤスケンは自他共に認める、無類の不器用です。
陶芸をやればぐちゃぐちゃにし、試験をすれば失敗しと枚挙にいとまがないくらい。
でも、多分だから俳優として大成したんだろうな、と思います。
「不器用は器用に勝る」 野村克也監督も言っているこの言葉を体現しているのが安田顕
と言う役者。
不器用だから必死に演技に取り組み、いろんな環境からあらゆることを吸収し、それが消化
されて今にじみ出ている。
だからヤスケンが演じた役は、その人生すら透けて見えてくる。
「怪物」と言われたヤスケンだけど、その意味は昔と今ではまるで違う。
昔はまさに破天荒な意味でだったのに、今では恐ろしいまでに役を演じ切る怪物。
脇役でも主役でも、とにかくその存在感がものすごい。
「ドラバラ鈴井の巣」も、今見るととんでもなく豪華な出演者なんだよなあ。
いつかまた、チームナックス全員が出るドラマをやってほしいものです

監獄帰りから帰ってきたマサ斎藤の事

今更ながら、今年偉大なレスラーであったマサ斎藤さんが鬼籍に入られました。

長年パーキンソン病と戦い、その記事をNunber別冊 プロレス総選挙2018にて読ませていただいたばかりでびっくりしました。

地方ではワールドプロレスリングが遅れており、最近追悼が放送になったので今頃な感じではありますが・・・

 

マサ斎藤さんは、本当に骨の髄までプロレスラーでした。それはパーキンソン病になっても変わりませんでした。

201612月に、マサさんを応援する興行が行われました。

最後に病を押して参加したマサさんがあいさつをするために立ち上がった、その時に。

ホッケーマスクをかぶった「海賊男」が乱入し、必死に立っているマサさんを滅多打ちに!

それに必死に立ち上がり、そして見事に反撃したマサさんの姿は見る者を感動させました。

 

www.youtube.com

 

さて、この海賊男、最近ファンになった方にはいまいちピンとこなかったかもしれません。

(まあ今の時代、ネットで調べればすぐ分かりますが・・・もしくは「有田と週刊プロレスと」で知っているかも)

 

結論から言えば、1988年当時大失敗したこの海賊男のアングルが、まさかこの時代に復活するとは、さすがに驚愕しました。

 

19873.26大阪城ホール大会、メインイベントのアントニオ猪木VSマサ斎藤で乱入し、なぜかマサ斎藤さんに手錠をかけて試合が?な状況になり、結果的に観客が暴動を起こすという。ある意味ものすごいインパクトを残したギミックでしたが、当時下降気味だったテレビの視聴率はまた下降、結果的にゴールデンから移動される遠因にもなったわけで。

 

しかし、30年越しに復活したこの海賊男、考えればマサさんを追い込んだ因縁の相手でもあるわけで、マサさんが立ち向かうには格好の相手であるんです。

これをプロデュースした上井氏の狙いがまさに的中したわけです。

そして今回の海賊男の正体が、マサさんと仲のいい武藤敬司氏だったことが更に会場を沸かせました。

 

30年越しの因縁に終止符を打ったこの時のイベントがマサさんに力を与えていたことを奥さんが証言しています。

戒名も「マサ斎藤」、最後の最後までプロレスラーだったマサ斎藤さん、改めてご冥福をお祈りいたします。

永田と千葉とBOSSと

99日、千葉の東金アリーナ新日本プロレス 永田裕志選手プロデュースによる大会が開催されました。満員の会場でのメインイベントは小島聡選手復帰戦で、第三世代カルテットが集結!全員元気で、非常に見ごたえのある試合でした。

永田選手プロデュース8年目、本当に暖かい、良い大会になったなあ…と感動。

 

永田選手、缶コーヒーBOSSとコラボしたCMに出ています。

www.youtube.com

「俺たちは、消耗品かもしれませんが使い捨てじゃないんです」と、静かに語りかけるこのCMは、自分が年齢を重ねた現在、非常に身に染みる思いがします。

 

ここ数年、新日本プロレスは「過去最高の利益」を更新しており、会場は地方でも満員と

まさに黄金時代。

観客も家族連れやカップルが多くなり、本当に楽しんでいる様子が見て取れます。

(半分女性だというのも、大きな変化です)

 

そんな中、第三世代の4人は試合数も減少傾向にあり、試合順も若い方。対戦相手もヤングライオンなど。つまり、主流ではありません。

 

永田裕志選手は、不遇のレスラーだと思います。

K-1やプライドなどが台頭してきた90年代後半。メインを張るようになってきましたが、このころはプロレス界がかなり揺らいでいました。

そして慣れない総合格闘技に出陣させられ、負けてしまいます。

負けた永田選手はプロレス人気が落ち込んだ原因のように言われることもありました。

それでも、永田選手はリングに立ち続けました。

そして、数多くの激しい戦いを繰り広げてくれました。

落ち込んでいくプロレス人気を、粉骨砕身支えてくれたんです。

 

そして、ようやく人気が復興してきた今、戦いの中心からは離れたと言われるようになりました。

じゃあ、第三世代は新日本に不要なのでしょうか?

いや、そんなことは絶対ありません。

メインかどうかだけでは測れないのがプロレスの面白さ。会場人気はほかの選手に全く引けを取りません。

それに、組織として考えた場合、ベテランが若手をきちんと育てる事が出来るのです。

これだけのベテランがヤングライオンを厳しく攻め立てる、まさに獅子の子を谷底に突き落とし、鍛え上げていっている。その成果は試合を見ればはっきりわかります。

 

最近、新日本プロレスから第三世代がコーチしてくれるトレーニングジムを始めると宣伝がありました。

経験を積みかさねた彼らだからこそ、適切なコーチングができるんだと思います。

 

売上が伸びたとはいえ、まだまだ伸ばさなければいけないプロレス人気。

第三世代の力が必要な時は、まだまだこれからなんです。

友情の美しさ~ゴールデン☆ラヴァーズ復活!?

今更で恐縮ですが、1/28の新日本プロレス札幌大会で、「ザ・クリーナー」ケニー・オメガ選手が所属するバレット・クラブから追放?され、その窮地を「ゴールデン・スター」飯伏幸太選手が救出。

リング上で抱擁し、飯伏選手がケニー選手に肩を貸して退場していく姿が放送されました。

新日本プロレスワールドで見ていて、思わず涙が出てしまうほど感動してしまった・・・

感動したのは観戦していた我々だけではなく、当のケニーもそうだったようで東スポの記事を読んだら、もう完全にラブレター。

 

【新日本】ケニーが飯伏と再合体 あふれ出した盟友への思い

 

そして気まぐれな飯伏もこのタッグの復活にはとても前向きで、復活ではなく新しいスタートと言っている。

 

【新日本】飯伏がケニーとの「ゴールデン☆ラヴァーズ」再スタートへ意欲

 

そういえば以前の二人はジュニアヘビーのウェイトだったので、ヘビー級で戦うとなると確かに「復活」と言うより「新生」ゴールデン☆ラヴァーズと言う方がよさそうだな~、と思いました。

 

それにしても、同じように子供のころからプロレスにどっぷりとつかり、周りを巻き込んで「試合」を開催したり、リング上だけではない路上プロレスのようなことをはじめる二人が日本とカナダと言う遠い土地で存在しているだけでも凄いのに、その二人が同世代で、しかもインターネットからつながり、出会い、友情を育んだ。

この二人がどのタイミングでタッグチームを復活させるかはまだ分からないけど、そんなに遠くないタイミングでしょう。

 

もちろんケニー・オメガVS飯伏幸太はタッグより待ち望まれている。でも、戦うのなら最高の状態、最高の場所でと望みたい。

 

暴力に彩られた相撲を国技としていい物かどうか~プロレスを国技にした方が良いと思う。

昨年末の日馬富士の暴力騒動がとりあえずひと段落した、と思ったらまた出ました。

新たな(発生は過去ですが)暴力事件。

 

www.msn.co

 

色々と報道されているので詳細は省くけど、さすがにこの言い訳はひど過ぎる。

事件が起きたときは相撲界の一員なわけで、公表しないどころか突き放したこの言い方。こんな奴に子供を預けてしまった親御さんの後悔と、怪我されて将来の夢もぶち壊された被害者の苦悩と怒りは計り知れないでしょ。

 

こんな世の中とかけ離れた暴力と隠ぺいに彩られたスポーツを国技と言うのは恥ずかしい。そもそも国技と決まっているわけではなくて、勝手に言っているだけだし。

 

さて、暴力やしごきが当たり前だったスポーツと言えば、あまり言いたくないけど私の大好きなプロレス界もそうだったそうで。かつては練習生は訳のない暴力や、理不尽なシゴキが当たり前だったという証言は結構ありました。

しかし、今ではそんな暴力やシゴキはなくなったとの事です。例えば新日本プロレスでは真壁刀義選手が著書でも書いていますが、自分が理不尽なシゴキやスパーリングに名を借りた暴力を受け、「自分の代からは絶対にこんなことは止めよう」と誓ったという事です。

実際にその後若手選手がたくさんデビューし、その立ち居振る舞いを見るととてもいい環境でトレーニングができているとわかります。

そしてほかの団体、例えばDDT系列でも同じく若手の充実が見て取れるし(そもそもDDTの成り立ちを考えるとシゴキとか暴力はあり得ないだろうし)、きちんと会社として成り立たせなければならない事と、特に2000年代の低迷期を考えると暴力やシゴキを続けていれば本当に将来がない、と思ったのではないでしょうか?

 

最早プロレス界の方が、相撲界よりはるかに健全で楽しいスポーツになったんだと思います。そして相撲女子と同じくプロレス女子もいるし。

そうなると、もうプロレスを国技と言っていいんじゃないの?

あまり言いたくないけどプロレスにはブック(いわゆる勝敗込みのストーリー)の存在がありますが、それは相撲界にも「注射」があるので同じだし、何よりの新日本プロレスは売上ベースでは世界2位の団体でもあるし。

 

・・・まあ、さすがにそれは無理だとわかっていますが、少なくとも相撲に魅力はなくなってしまったな、と。

もう暴力団のような組織になり下がったんだな、と思うと見る気も起きないわけです。

どんな業界でも若手をきちんと育てられないと衰退するだけなんですが…